おめでとうパパママ こんにちは赤ちゃん すくすくあかちゃん ほいくえんようちえん 小学校中学校 子育て家庭の強い味方

ご出産おめでとうございます!赤ちゃんのいる暮らしはいかがですか?
 幸せな半面、パパもママもなりたて1年生なら、泣きたい時だってあるものです。
 大丈夫!赤ちゃんを愛おしいと思う気持ちを気長に育てていきましょう。
 そんな時、気軽に相談できる人がいる事はとても大切です。
 子育て中の時ほど、人と人のつながりが心強い事はありません。


             住民福祉課 保健予防係(保健センター) 62-9134

●出生(しゅっしょう)届
 出産したら14日以内に本籍地、住所地、出生地のいずれかの市町村役場に出生証明書、母子手帳、印鑑、加入して
 いる健康保険証 等を持参し届け出をしてください。
 富士見町の場合は、住民福祉課 住民係 へ届け出をしてください。
             
●赤ちゃん訪問 (保健師又は看護師による
 お子さんが生まれてから生後3ヶ月までの間に、家庭訪問があります。
 お宅に訪問し、必要な健康指導等を行ないます。
 訪問の時期については出生届時、または電話でのご相談となります。

●赤ちゃん訪問 (民生児童委員
 生後2~3ヶ月くらいに、住んでいる地域の民生児童委員による赤ちゃん訪問があります。
 ファーストブック(絵本)を一冊もらえますよ♪
 対象:希望者(出生届時に希望の有無をお聞きします)

           


 0歳~中学校修了前までの乳幼児・児童を養育している父母等に支給されます。(国の制度)
 ▸ 出生・転入の際に申請できます
 ▸ 毎年「現況届」が必要です
子ども課 子ども支援係 62-9237


 少子化を防止し、人口の維持を図る事を目的とし、三歳未満の第三子以降の乳幼児を家庭で親または家族が子育てする
家庭に対して補助金を支給するものです。
 ▸対象のお子さん一人につき、月20,000円
 ▸支給対象になるには要件があります 詳しくは子ども支援係へ
子ども課 子ども支援係 62-9237


 町から新生児の聴覚検査(出生時行われます)費用の助成を受けられます。(上限4,000円)
 出生後3ヶ月以内に申請をしてください。
 詳しくは、保健予防係(保健センター)へお問い合わせください。
 
住民福祉課 保健予防係(保健センター) 62-9134



 乳幼児・児童の医療負担を軽減するため、保険診療分の医療費が支給されます。
 ▸ 対象:0歳から18歳までのお子さん
 ▸ 保育園や学校でのケガ等にかかる医療費は対象となりません(別保険に加入)
 ▸ 平成30年8月1日から、県内の医療機関等(柔道整体師の診療を除く)での診療は、窓口で受給者負担金300円のみ
  お支払いいただく「現物給付方式(窓口無料化)」となりました。詳しくはお問い合わせください。

住民福祉課 社会福祉係 62-9144



 出生時の体重が2,000g以下であるなど、体の発育が未熟なまま生まれたため
 指定療育機関に入院されている場合に、医療費の一部が助成されます。

住民福祉課 保健予防係(保健センター) 62-9134



 小児慢性特定疾病にかかっている児童等の健全な育成及び家庭の負担軽減を図るため、
 その医療費の一部が助成されます。
                                      
諏訪保健福祉事務所 健康づくり支援課 57-2926



  出産後はお母さんの心身の状態が急激に変化すると共に、生まれたばかりの子への対応の中で、おっぱいや育児につ いての相談が必要になることもあります。そのような時は妊娠届時、もしくは出産届時に配布した助成券を使用して受 診してください。
 ▸ 対象:出産から一年以内の母
 ▸ 内容:1,000円×4枚

住民福祉課 保健予防係(保健センター) 62-9134





  ←こちらをクリックしてください
 「子育て家庭の強~い味方」の相談窓口ページにジャンプします。










  

yellowpage.htmlへのリンク